• ホーム
  • ローションより早漏防止薬ダポキセチンを飲む

ローションより早漏防止薬ダポキセチンを飲む

悲しいカップル

男性の悩みの一種として、早漏についてのものがあります。
早漏とはパートナーの膣内に挿入してから、射精をコントロールできないことや、挿入してから1~2分ほどのうちに射精してしまうような症状のことを言います。
早漏の場合には、女性に対して性行為での満足度を上げることができないために、改善したいと考えている人も多いでしょう。

早漏の改善方法としては、ローションを使用してペニスの亀頭の感度を鍛える方法があります。
ローションを使用することで強い刺激をイメージしながら、トレーニングを行えることになります。
ただし、医学的には亀頭の敏感さによって早漏が起こるということは否定されています。

射精は脳内のノルアドレナリンの作用によって引き起こされることがわかっており、セロトニンが分泌されることでノルアドレナリンは抑制されます。
セロトニンの分泌量が少ないと、ノルアドレナリンの働きを抑制させることができなくなり、射精してしまうことが早漏の原因であると考えられています。
そのために早漏を改善するには、ローションを使用して亀頭の感度を上げることよりも、セロトニン取り込みを阻害できるクスリである、ダポキセチンを服用するほうが効果があると言えます。
ダポキセチンはSSRIの一種で、服用することでセロトニンの濃度を高めることができますので、射精を促してしまうノルアドレナリンの分泌を抑制させる効果が得られます。
この作用によって脳内の過剰な興奮を抑えることができますので、射精時間を長くして早漏を防止することが可能になります。
ダポキセチンの作用によって、射精時間は4~5倍ほどに長くなると言われており、効果が現れるまでには1時間ほどかかりますので、クスリを飲むタイミングに気を付けて使用することがおすすめです。