相手と話したくないカップル

ダポキセチンは、元は抗鬱剤として使われていました。
しかし、この薬を服用した患者が射精しづらくなったという報告が増えたことから、早漏を改善する薬として開発が進みました。
射精は脳内で興奮状態が高まることで起こります。
脳内で興奮を抑えるセロトニンが不足してアドレナリンの分泌が過剰になることが早漏の原因と言われています。
早漏を改善する方法については様々ありますが、ダポキセチンには脳内の興奮を抑えるセロトニンの濃度を高める効果があるため、射精までの時間が長くなり、早漏を改善する効果があります。
早漏を改善することは自信の回復につながり、パートナーとの信頼関係を高めるという効果も期待できます。
セロトニン濃度は、シナプスという末梢神経から再吸収されることを防ぐことで高められます。
ダポキセチンは性行為の1時間から3時間前に服用します。
効果は6時間程度で、24時間程度で体外に排出されてしまうため、ダポキセチンは早漏を根本的に治療するものではなく、対処療法として利用されます。
ダポキセチンには副作用は比較的少ないですが、頭痛、胃のむかつき、めまいなどの副作用が報告されているので注意が必要です。
まれに、イライラや不安感、疲労感の異常、しびれや多汗などの副作用が出ることもあります。
ダポキセチンは欧米諸国では医薬品としての認可を受けており、市販薬として購入することも可能ですが、日本国内では厚生労働省の認可を受けていません。
医師の処方を受けることはできますが、薬局などで購入することはできません。
個人使用に限って輸入することができるので、個人輸入サイトなどを利用して入手することができます。
個人輸入は医師の処方を受けるよりも安く手に入れることができる可能性があります。

記事一覧

最近はPE治療薬と主に男性に認知されるようになりました。 早漏改善薬の主成分であるダポキセチンは、性...

男性の悩みの一種として、早漏についてのものがあります。 早漏とはパートナーの膣内に挿入してから、射精...

ダポキセチンを含む医薬品は、主に精神を安定させる医薬品に含まれていることが多いです。 抗うつ剤や精神...

早漏の原因として、よく指摘されますのが性行為回数の不足です。 性行為の経験が少ない男性は早漏である傾...